『SPY×FAMILY』アニメ1期「第2クール」(秋放送)はコミック何巻から?解説

アニメ

この記事ではアニメ『SPY×FAMILY』の第2クールはコミック何巻からなのか、また今後の『SPY×FAMILY』の展開をご紹介します。

初めに簡単に説明しますと、アニメ『SPY×FAMILY』の1期は分割2クールのため、春放送(4月9日~)と秋放送(10月~)に分かれた形になっています。

それでは秋放送の2クール目がコミック何巻からなのかご紹介します!

『SPY×FAMILY』2クール目はコミック何巻?

結論から申し上げますと、コミック4巻の18話(MISSION 18)からとなります。

4巻は18話からの収録なので、アニメと被りなく読むことができます。

ちなみにアニメ1クールの最終話である12話は、コミック2巻の「EXTRA MISSION 1」とコミック4巻の「SHORT MISSION 1」であり、元は週刊少年ジャンプの主張読み切りとなっていますので、本編の流れとは異なったものです。

本編としてはアニメ1クール11話で、コミック3巻の17話(MISSION 17)がラストです。

コミック3巻では別の出張読み切り(デートエピソード)も収録されていますので、気になるようでしたらチェックしてみてください。

『SPY×FAMILY』2クール目の展開はどうなる?

ここからは少しネタバレに近い内容になりますので、ご注意ください。

2クール目でも個性あるキャラクターの登場は続きます。

アニメ11話でアーニャがペットが欲しいと言ってましたが、チラッと登場もした「ボンド」(犬)と出会うエピソードから始まります。

このボンドはプロジェクトの実験体という訳ありで、特殊能力「未来予知」を持っているという、フォージャー家の一員らしいキャラクターです。

アーニャとボンドが奮闘する話は楽しくもありますが、とても考えさせられる内容でもあります。

他には再びユーリが登場したり、アーニャの学校エピソードも展開が広がります。

ベッキーと遊びに行ったり、ダミアンとのエピソードもあります。

またWISEの女スパイ「夜帷」(とばり)が登場します。

見た目は美人で表情はクールながらも、黄昏のお嫁になるという野望を持っています。

アーニャの超能力からわかる、 夜帷の黄昏好きすぎるギャップが魅力的で、人気も上がってくるキャラクターだと思います。

『SPY×FAMILY』 2クール目は何巻から何巻まで?

こちらは予測になりますが、1クール目がコミック1巻~3巻でしたので、4巻~6巻くらいが目安になると思われます。

また1クール目の時のように、読み切りやショートエピソードもアニメ化するのではないでしょうか?

現在、コミックの最新刊は9巻となっていますので、コミックを集めようか迷っている方にも追いつけるレベルです。

またコミックではショートストーリーなどのおまけコンテンツもあるので、好きな人には購入することをオススメします。

まとめ

以上がアニメ『SPY×FAMILY』の2クール目のはコミックの何巻から?の疑問による記事でした。

1クール分の間は空きますが、アニメは1クールで大きく間隔が空くものが多いので、楽しみや期待が持続できるのがいいですね。

この夏にぜひとも原作で読み直したり、事前に予習するのもいいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました