漫画「もしも東京」展へ行ってきた(写真つきレポート)

アニメ

東京都現代美術館で行われている、漫画「もしも東京」展へ行ってきました!

一部ですが写真を載せて紹介したいと思います。

漫画「もしも東京」展とは?

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウシル東京が主催するTokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13のひとつです。

総勢20人の漫画家が、それぞれ「東京」を描いていく企画。

「読む東京、歩く漫画」をコンセプトに様々な東京を観て体験することができます。

懐かしさあるものから近代的なもの、漫画家ならではの没入感ある東京のストーリーを楽しむことができます。

ちなみに展示は無料で鑑賞することができるのと、写真も自由に撮れます(入場チケットは事前予約制)

20人の漫画家様と作品

  • 浅野いにお『TP』
  • 安倍夜郎『我が心の新宿花園ゴールデン街』
  • 石黒正数『密林食堂』『もしも、東京』
  • 石塚真一『Tokyo Sound』
  • 市川春子『TOKYO20202 GOURMET/SPOT/HOTEL』
  • 岩本ナオ『海が見える大井町』
  • 太田垣康男『the next day』
  • 大童澄瞳『East East』
  • 奥浩哉『東京フィレンツェ化計画』
  • 小畑友紀『願い』
  • 黒田硫黄『 天狗跳梁聖橋下てんぐのあそぶはひじりばしのした
  • 咲坂伊緒『星の王子さま』
  • 出水ぽすか『ここにいる街』
  • 萩尾望都『江戸〜東京300年マーチ』
  • 昌原光一『江戸×東京 ジオラマ合戦』
  • 松井優征『東京の脅威とギンギンの未来』
  • 松本大洋『東京の青猫』
  • 望月ミネタロウ『丹下健三の東京計画1960』
  • 山下和美『世界は変わっても生活は変わらない、という夢』
  • 吉田戦車『好きな東京』

展示レポート

各漫画家さんの作品が個室のようなブース分けをされているので、非常に見やすいです。

チケットも事前予約制の為、気にならない混雑具合です。

写真もしっかりと撮れます。

こちらは浅野いにお先生の作品の一部。

イチャイチャしやがって思ってから、泣きそうになる急展開。

写真は一部ですが、ストーリーとして全部観れます。

無料なのがおかしいですよ笑

こちらは松本大洋先生の作品。

これまたノスタルジックな感じになりますね。

こちらは市川春子先生の作品。

これうまくカメラに収まらなかったのですが、かなり大きくて迫力あります。

こちらは岩本ナオ先生の作品。

写し方ずれて申し訳ないですけど、こういうの凄い好きです。

こちらは太田垣康男先生の作品。

漫画家さんっていいな〜って思わせてくれる作品でした。

夢に向かう気持ちっていいですよね。

こちらは奥浩哉先生の作品。

奥先生らしいなって思いました笑

これが建てられていたら最高ですけどね(?)

こちらは小畑友紀先生の作品。

現代のマスクというところに着目されてました、とても魅力的な作品でしたね。

こちらは出水ぽすか先生の作品。

出水先生の作品良かった、どれもなんか泣きそうになるんですよ。

少しダークさもあって最高でした。

まとめ

以上がレポートでした。

紹介した作者さんの写真以外にもありますので、是非足を運んでみてください。

無料で観れるの本当に凄いことだと思います。

チケットは事前予約制で、それなりに完売してる印象です。

早めの予約をオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13 漫画「もしも東京」展
現在の日本を代表する漫画家たちが、"もしもの東京"をテーマに、今までにないそれぞれの「東京」を描く展覧会の公式Webサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました