角川武蔵野ミュージアムへ行ってみた!(紅白でYOASOBIさんが歌った場所です)

アニメ

角川武蔵野ミュージアムに行ってきました。

本が好きな人は必見、本に限らず様々なメインカルチャー・サブカルチャーの展示もあるので興味がある人には是非行ってほしいです。

2020年紅白歌合戦ではYOASOBIさんが歌った場所としても注目されています。

角川武蔵野ミュージアムとは

ところざわサクラタウンのランドマークともいえる、博物館、美術館、図書館、アニメミュージアムが融合した文化複合施設です。

2020年11月6日にオープンしたばかりです。

見た目で圧倒されるミュージアムの外壁

世界的建築家の隈研吾が国立競技場と同時期にデザインした、多面体の“岩デザイン”の外観は観るものを圧倒します。

周りに大きな建物少ないからこそ、いきなり聳え立つミュージアムはとても迫力があります。

夜も綺麗です。

8メートルにわたる本棚劇場

武蔵野ミュージアムの中でもメインフロアは松岡正剛監修の「エディットタウン」

ジャンル分けされたたくさんの本があり、実際に読むこともできます。

そしてその奥には高さ8メートルにわたる「本棚劇場」があります。

ここが紅白でYOASOBIさんが歌ったところですね

4〜5階をつらぬいたつくりでその大きさと本の多さに驚きます。

ここでも本を手に取ることができますよ。

アニメ好き必見EJアニメミュージアム

アニメ好きにもオススメするのはEJアニメミュージアム。

日本が世界に誇るアニメを文化として捉え、独自の切り口で紹介するミュージアムです。

期間によって展示内容が変わります。

現在は「Newtype35周年 アニメ・クロニクル」が行われています。

また声優さんの色紙もありました。

まとめ

ご紹介した「Newtype35周年 アニメ・クロニクル」は2020.11.6 〜 2021.1.17までとなっています。

月刊ニュータイプ35周年「アニメ・クロニクル」
Newtype創刊35周年を記念した大規模展示会が開催決定!

自分もまわって本を見てみましたが、なかなか手に入れにくい貴重な雑誌や漫画の原画本、ゲームの攻略本まで読めてしまうのが面白いです。

本を買うことはできませんが、新たな本や作家との出会いを見つけてみてはいかがでしょうか?

角川武蔵野ミュージアム
アート・博物・本の複合文化ミュージアム 角川武蔵野ミュージアム

コメント

タイトルとURLをコピーしました